2018年02月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

最近のコメント

こばやし on 今日 そして 明日: 今日だったのだぁ(T
たま。。 on 今日 そして 明日: えー、今日だったのか
たま。。 on 今日 そして 明日: えー、今日だったのか
on パリ4日目 早朝   帰国: あなた! かなしまな
小林 on パリ4日目 早朝   帰国: もはやコメントもつか
ぬまぶ on パリ2日目 昼 : なんでいつも悲しそう
しゅんじー on パリ2日目 昼 : ほんとは日本にいるん
しゅんじー on リヨン から パリへ: 新幹線じゃないんだか
しゅんじー on リヨン から パリへ: 新幹線じゃないんだか
mishio on リヨン から パリへ: この撮り方はひとつの

カテゴリー

ブログ/blog

2018年02月16日

自分の音楽アルバム

年末に思い立って、
只今自分の音楽アルバム制作進行中です。

ここ数年で、琴鼓'n管でもやったりやってなかったりの曲がたまってきて、
形に残しておきたいなと常々思ってたのでした。

自分で打楽器を演奏する他は
いろんな素晴らしい演奏家の方々にお願いしつつ、少しずつ音重ねています。

ギターとチャランゴを板倉文さんに2曲弾いてもらいました。
板倉文さんは、伝説のバンドKILLING TIMEや、これまた伝説のバンド、チャクラに始まる小川美潮さんとの活動、市川準監督の映画音楽等々、どれも本当に大好きで、最もリスペクトする音楽家の一人です。文さんには、勝手に影響を受けたつもりになってます。勘違いも含め(笑)

ケーナの若き大巨匠、岩川光さんにも2曲吹いてもらいました。
岩川さん、いわずもがな本当に素晴らしい演奏で、録音は1テイクであっという間に終わってしまいました。。一つは11拍子の変な曲だったのですが。
岩川さんと、ほぼ初めて1対1でお話し出来たのですが、話せば話す程面白くて、単なる演奏家としてだけでなく、作曲家、文化人類学者、いろんな面を持つ岩川さんのバックグラウンドの深さに引き込まれ、本当短い時間でしたが、色々勉強になってしまいました。南米と日本を股にかけたスゴイ人。ありがたや。

そして先日はさらにバイオリン磯部舞子さん(通称ベチコちゃん)にも2曲入れてもらいました。ベチコちゃんは林正樹君の「間を奏でる」をはじめ、「楽団ナナトール・チョベチルコ」
でもご一緒させてもらってますが、ベチコさんが弾くと曲に魂がグワーッと注ぎ込まれる感じがいつもすごいなー!と感動しています。今回もまさにそんな感じでした。ありがたや。

この先、さらに少しずついろんな人のいろんな音が入って行き、
夏までには素敵なパッケージと共に完成させたいなと思ってます。
録音ならではのミュージシャンの組み合わせの面白さも含め、
乞うご期待!